概要と特徴について


インターネット上には、個人情報などを入力するためのフォームが設けられているウェブサイトが存在します。そのようなサイトを訪問するユーザーは、フォームへの入力を行なうに際して、エラーが頻繁に発生したり、項目が多くて煩わしいと感じたりすると、全ての項目を埋める前に入力作業をやめて、サイトを離れてしまうことがあります。そのような現象を、「途中離脱」と呼んでいます。そして、ウェブサイトの運営者にとって、サイト内での成約率を向上させるためには、訪問者の途中離脱行為を最小限度に抑えるよう、フォームを最適化することが大切になります。

 

そのように、訪問者の入力作業における手間を減らして、従来よりも短い時間で、精度の高い入力を行ない、完了することができるよう、それぞれのユーザーに合わせてフォームを最適化することを、EFOと呼びます。EFOは、Entry Form Optimization(エントリーフォーム最適化)の頭文字を取って省略した呼び方です。

 

自身の運営するサイトでの成約率を高めるためには、大きく分けて「外部施策」・「内部施策」という2種類の方法があります。その内、外部施策とは、集客率や訪問者の質を向上させるために、メールマガジンや広告、SEO対策の手段を講じることを意味します。